본문 바로가기 주메뉴 바로가기 하단 바로가기

児童学科

Home > 学科紹介

学科主页  

比べれば選ぶことになる!ソウルデジタル大学

子供の養育と教育を家庭内だけで解決することができない今日の社会変化により、社会及び国家全体レベルで保育と教育を担当する教師の、より専門的で体系的な育成の必要性が注目されています。なおかつ経済の発展による生活の向上や少子化は、過去にはない、早期教育プログラムと特別教育に対する新しい方式の教育体制を要求しています。特に児童人口の急激な減少と人口の高齢化から、国家の成長潜在力の源である児童を、国家の重要な人的資源として認識し、彼らに対する投資を強化しています。 こうした児童を取り囲む成長環境の急激な変化は、すべての児童のニーズを満たす児童政策と専門化されたサービスを要求し、それに伴う社会的活動を支援しています。そこで児童へのより専門的で具体化された知識と情報の必要性と、既存の保育教師にも彼らの条件を改善してくれるプログラムの提供が切実です。また、現場での就職のみならず子供を正しく育てられる良い学習の機会が必要となり、現場にいる教師達には実践的かつ専門的な最新の教育情報のフレームを提供したいと思っています。 何よりも子供達が幸せに笑える明るい未来を切り開く皆様の素晴らしい姿を期待しています。

  • 需要者中心のカスタマイズ型教育内容提供

  • 保育園や幼稚園などの保育を担当する「保育教師」と小学生のための「放課後児童指導士」

  • 課程と国家資格である「保健教育士」課程、早期教育及び英材児童のための「英才教育指導士」

  • 課程、児童の問題行動指導と児童心理の具体的なアプローチ方法である「児童美術心理治療士」

  • 課程を提示しています。

  •  

  • 学習者のレベルに合わせた段階別教育

  • 既存の保育教師資格を獲得した学生であっても、さらに発展的な教育を提案し段階別専門家課程を提示しています。

  • こうした段階別教育は学生たちの関心領域から学習難易度も調節可能で、後に大学院へ進学する際に、

  • 肯定的なトラックを形成することができます。また、各課程ごとに韓国最高の専門講師陣と共に学習の理解を高めることができ、

  • 現場機関との連携を図ることもできます。

  •  

  • 多様な専攻と連携された統合的なアプローチ

  • 児童学を主専攻に、生涯教育や社会福祉、心理カウンセリングなどの他専攻とも有機的に結合された教育課程が運営されています。

  • また、すでに他の専攻で学士学位を取得した学生が入学しても、私たちの人生と密接に関係している経験中心、

  • 生活中心の教育特性で連携された統合的なアプローチが可能で、学習に楽しさと興味を感じることができます。

  • 実際、創意に富んだ観点により学生たちはすばらしい成果を見せています。

  •  

  • 社会活動に貢献する専門性の確保

  • 最新の研究動向による教育内容と現場での活用度が高い実践的な内容で科目が構成され、理論中心から一段階進

  • んだ実践学問の様相を提示しています。特にオンラインとオフラインで特別講義を適宜並行してさらに

  • 専門的な教育内容を提供することができ、児童関連現場従事者の再教育の面と就職のための社会活動により

  • 専門性を持って投入できるように手助けします。父兄にあたる方々は子供の教育に役立つ知識を得

  • ることができ、全般的な教育内容の専門性を確保することができます。

  •  

取得可能な資格
  • 保育教師 : 国家資格

  • 保健教育士 : 国家資格

  • 放課後児童指導士 : 本学児童学科課程修了

  • 児童保健管理士 : 本学児童学科課程修了

  • 英才教育指導士 : 本学児童学科課程修了(履修科目平均B単位以上)

  • 児童美術心理治療士 : 本学児童学科課程修了(履修科目平均B単位以上)

  • 社会福祉士 : 国家資格 (社会福祉学科連携)

  • 青少年カウンセラー : 機関資格 (カウンセリング心理学科連携)

卒業後の進路紹介
  • 保育園、児童福祉施設、その他の幼児教育機関などで活動

  • 児童教育機関及び関連研究所で研究員として活動

  • 小学校だけでなく多様な形態の放課後児童指導士として活動

  • 子供インターネット教育プログラム企画及び運営専門家として活動

  • 児童関連フランチャイズ機関で遊び専門家及び英語教育教師として活動

  • カルチャーセンターや専門学院で講師として活動

  • フレーベル、ハンソル教育、熊津、大橋など教材開発者や講師教育担当として活動

  • 児童プログラム開発者として児童関連産業に従事

  • 父母及び児童カウンセリング専門家として活動

  • 大学院進学及び留学